同じ人は二人は要らない

わたくし、2016年4月より、福岡県弁護士会筑後部会 部会長に就任しておりまして、先日、その就任披露宴でした

画像


見てのとおり、役員9名の内3名が女性です
平成15年に男女共同推進本部が決定した「指導的地位に女性が占める割合が
少なくとも30%程度になるよう期待するという目標」という、、いわゆる2020年30%目標
福岡県弁護士会は、既に達成したことになります。
これ、かなりすごいのよ
とは言っても、福岡県弁護士会の会員に占める女性の割合は17%ほど。
来年もこの役員比率が続くわけではありません

さて、私が部会長を務める福岡県弁護士会筑後部会は、
小郡以南、大牟田までの福岡県南地域に事務所を置く弁護士が所属しています。
私が弁護士になった当時、まだ40名代だった弁護士数も、今では100名近く
それでも、私より先輩の女性弁護士はおりません
そう、まさに、お・つ・ぼ・ね
見本とする先輩がいない中で、手探りで、草を掻き分けながら歩んできました。

多くの社会に進出した女性が経験してきたことと思いますが、
(特に、この県南地域は、まだまだ封建的なところですから)
意識的か無意識かを問わず、
「弁護士が必要となるような難しいトラブルは男性に頼む」といった風潮が残っています
私も、そんなガラスの天井や壁に、何度ぶつかったか分かりません
まだ、新人の頃、そんな風潮に戦いを挑むかのように、男性のようなカチッとしたスーツを着て
あたかもテレビで見る「弁護士らしい」恰好で、肩肘張っていた時代があります。
けれど、時間経験が、気付かせてくれました
同じ人は二人はいらない と
誰かの真似をしても始まらない
だって、同じ人は二人は要らないのだから
私は、私らしくあればいい
自分の個性を伸ばすことが重要だと

自由な翼を得た気分でした

そうして、自由に羽ばたき・・・、現在に至ります

思いがけない縁で始まった今日感テレビ(RKB毎日放送)のコメンテーターの仕事も、5年目に入りましたが、
画像

思いがけず長続きしたのは、私が、私らしさを失わなかった結果かもしれません。


私は、弁護士ではありますが、
弁護士らしくある必要はないと思っています。

これが、私

手に入れられもの、
手に入れられなかったもの、
沢山あります

それが私

そして、これでいいと思える…そのことに感謝です

by miya

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)