長男の妻による義父母の介護と相続(特別寄与料)

改正相続法が徐々に施行されていっています。

この中に今年(H31年)7月から施行の「特別寄与料」があります。
お亡くなりになった方を、長年介護していた(相続人でない)親族の貢献を相続の中で「寄与料」として評価しようというものです。
典型的なのが、長男の妻による義父母の介護ですね。

先日、某局の朝のワイドショーを見ていると、特別寄与料の説明の中で「これまでは長期間にわたって夫の親を献身的に介護してきても、遺産は、相続人である子どもたちが相続し、今まで苦労して来た妻は、遺産を一切受け取れない」という説明がありました。

これを見ていた視聴者の方で、現に今、相続で争っている立場の方は、「31年7月以降でないと、私の苦労は一切報われないのか」と落胆してしまった方がいるのではないでしょうか。
確かに、長男の妻は、相続人でないので、夫の両親の遺産を相続人として受け取ることはできません。
ですが、その苦労が一切報われないかと言えば、今まででも(法改正前でも)そういう訳ではありません!
今まで(法改正前まで)でも、長男の妻による、長男の親への献身的な介護は、長男による介護と同一視して長男による「寄与」とみなし、長男の相続分を増やす、という方法を取ることは可能です。
私が担当した案件でも、そのような主張をして、裁判所に認められたケースがあります。
長男の妻による介護は、夫の取り分を増やすという意味で、報われることは可能です。

今回の法改正は、上記のような柔軟な対応も可能なケースもあるけど、長男が既に亡くなっているケースや、相続人が子と妻で、介護して来たのが姉妹のようなケースでは、
(同一と見做す)相続人の取り分を増やす形での対応が不可能であるので、そのような場合に威力を発揮することになります。
この辺りの誤解を与えないように(諦めてさせてしまわないように)した方が良いなぁと、そのワイドショー見ながらモヤモヤしていたところ、ちょうど昨日の今日感TVでの改正相続法の特集で、特別寄与料の説明がありましたから、この説明をさせてもらいました!

お陰で自分のモヤモヤも、すっきり♪

by miya

交際中に相手に渡したお金を後で返せって・・・

交際中、交際相手に現金を渡し、関係が上手く行っている間は特に何も言わなかったのに、別れた後、急に「返せ」っていう話、色んなところで聞いたりしますよね?
似たような話が最近、マスコミを賑わすのを聞くにつけ、思い出す高裁判例があります。

東京高等裁判所 昭和57年4月28日判決 は次のように言っています。
「婚姻外で性的関係を継続している男女の間で男が女に現金を交付したときは、特段の事情がない限り贈与する趣旨であると解すべき」
そう 特段の事情が無い以上は、贈与=返してって言えない、というのがこの高裁判断です。
ちなみに、これは、現金を渡す以上にフリーハンドな、「キャッシュカードを交際相手に預けっぱなしにしていた」という事例。
なので、以下の判決理由が続きます。
「同様の男女の間で男が女に対してキャッシュカードを預けっぱなしにした場合においては、当該男女間に反対の趣旨の明確な合意があれば格別、そうでない限りは預け主たる男は、女において当該預金を自由に引出して消費することを許容しているものと解すべき」

つまりは、別れた後で、一度渡したお金を返せといいたいならば、
ちゃんと「反対の趣旨(=贈与ではないよ。貸したのよ。ちゃんと返してね。)」の明確な合意をしておきましょう、ということですね。

まぁ、法律的な返還義務の有無と、道義的・社会的責任の取り方というのとは、また別の次元の話だなとも思う最近のワイドショーネタでした

by miyazaki

まず動く、出来ない理由を考えるよりもまず動く、年にします!

新年、あけまして、おめでとうございます。

少し前、知人から「宮崎さんのターニングポイントっていつ?」と聞かれたことがありました。
突然の質問で、今まであまり考えたことが無かったので、その場では曖昧な答えのまま…。
ですが、新年を迎え、半世紀「近く」(※注:決してまだ半世紀には達していません)経った自分の人生を振り返る良いキッカケとなりました。

さて、皆さんにも、ターニングポイントってありますか?それはいつですか?
まだ渦中にある時には、それがターニングポイントっていうのが分からないこともありますよね。
先の知人からは「テレビに出始めたこと?」とも聞かれたのですが、私にとっては、まだ道半ばであり、それによって、どれだけ転換したかは、まだピンと来ないところがあります。
その時は、「テレビよりは、むしろ、司法試験に合格した時ですかね」と答えていたのですが、じっくりと振り返るならば、私のターニングポイント(転換期)は、司法試験に合格した時よりも、司法試験を受けようと決意した時だと思いました。

以前のブログでも書きましたが(→女子力)、私が司法試験受験を決意したのは、大学4年生の頃、就職活動で出会った面接おじさんたちの性差を前提とした否定的発言があまりに屈辱的で悔しかったから。
とはいえ、当時の司法試験は、今と制度が全く違っていて、合格率は当時の消費税程度(3%程度)。
大学3年制まで遊び呆けていた私にとって、司法試験を目指す人たちとは3年近くの遅れがあり、合格する可能性なんて、本当に低かったはず。
実際、その後、真っ暗で先の見えない、ただただ一人で勉強するばかりの孤独な20代の数年間を過ごす訳です。
今思えば、良くあの時、あんな無謀な決心ができたなぁと感心します。
その後の合格は、行動したことの結果であって、やはり、行動することが大事なのだと、年の初めに思った次第です。

ということで、その決意から四半世紀経った今年の目標は、
まず動く、できない理由を考えるよりも、まず動く、年にすること
思い悩むことは色々あっても、そこで立ち止まらずに行動することで、見える世界は変わってくるし、分かってくることもあるはず

行動はいつも幸せをもたらすものではないが、行動なくしては幸せはない
byディズレーリ

皆さま これからも幾久しく、お付き合いください

by miyazaki

内川選手がMC!という素敵なクリプレ♪

いつの頃からか、待てども、待てども、サンタさんはやって来てくれなくなりましたが、今年は違いました

今日の今日感テレビ、ホークスの内川聖一選手がMCに
画像

オープニング、内川選手に紹介してもらい、ご満悦な私
その後も2時間、生放送をご一緒し、素敵なクリスマスプレゼントとなりました。

もともと、去年の1月、キャンプ中の内川選手を取材に行った鬼ちゃんが、夜の焼肉に乱入し、お酒も入った勢いで(内川選手は素面)、「今年、年間鬼VPを取れなかったら、今日感TVのMCをする」という言質を、無理やっこ取ったのが始まり。
けどですね、もう1年も前のことだし、テレビでのノリだし、言ったからって実行する人って少ないと思うんです。

だけど、内川選手は違いました。
ちゃんと約束を守るんだから男前

しかも、一つ一つのコメントが、ちゃんと自分の頭で考えた言葉で、説得力があるのです 
やっぱり、一つのことに打ち込んで、大成する人は、物事に対する姿勢が違います。
惚れ惚れ~しながら、クリスマスプレゼントな時間を満喫した一日でした。

画像


来年もご活躍されると確信します

by miyazaki

パワハラとセクハラの違い

わたくし、今年、久留米ロータリークラブの親睦委員会の委員長を務めております。
親睦委員会は、主として例会(毎週&節目のイベント)の企画運営を担当します。まぁ、簡単に言えば、会員の皆様に楽しんで頂く「おもてなし係」です。
先日の歳末クリスマス例会も、わたくしの強力な指導力のもと、委員の皆さんで力を合わせ、無事に終えることが出来ました
特に、今年は親睦委員会に音楽のプロ・本間先生がいらっしゃいますので、久留米RC男声合唱団、イントロクイズ、プレゼント抽選会…と音楽に溢れた楽しい例会となりました

画像

↑本間先生をはじめ、仲良しの親睦の委員さん達と記念撮影 

画像

↑久留米RC男声合唱団の皆さん

なお、トナカイ帽は無理に被らせたわけではありません。
何をするにも、わたし的には、優しくお願いをしておりますが、、、
ふと、気付くと、委員の皆さんは、私を塚原強化本部長(日本体操協会)と呼ぶようになり・・・

先般、第三者委員会で塚原強化本部長に対しパワハラ認定がなされなかったというニュースを耳にし、安堵する私がいるようないないような…。

さて、この塚原強化本部長のパワハラ認定に関連し、テレビのコメンテーターで「本人がパワハラと思っているんだから、パワハラだ」と仰っている方が結構いらして、ちょっと首をかしげてしまいました。
確かに、セクハラの場合、「本人がセクハラと思えばセクハラ」というのは、あながち間違いではありません。
厳密に言えば、セクハラとは、「本人の意に反して不快、不安を与える性的な言動」であって、セクハラに該当するか否かは被害を受けた方の主観だけでなく、「平均的な(女性)労働者の感じ方」を基準に判断されます。なので、被害者が、特異な感受性を持っておらず平均的な感じ方である限り、「本人がセクハラと思えばセクハラ」というのも、間違いではありません(そのような気持ちを持って、接した方が良いという意味でも)。

ですが、パワハラの場合、以下の3つか要件とされます(厚労省)。

①職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に
②業務の適正な範囲を超えて
③精神的・身体的苦痛を与える行為 又は 職場環境を悪化させる行為

このように、パワハラの場合、②の要件を満たすかを客観的に判断する必要があります。
セクハラの場合、性的な言動は、そもそも業務の範囲外であることは明らかなので、③の部分がメインとなりますが、パワハラは①の他、②の充足が必要な点で、異なります。
仮に、当事者が「パワハラだ。精神的苦痛を受けた。」と主張しても(③)、業務の適正な範囲を超えていなければ(②)、そもそも、パワハラになりません。まあ、この②の判断が難しいのではありますが。
この意味で「本人がパワハラと思えば、パワハラ」というコメントは間違いだと思うのです。
そんなこと言ってたら、私は、パワハラ委員長になってしまいますでしょ

なお、久留米RC内での“強化本部長”の場合、いずれの要件も満たしませんことは、これを読んで下さっている皆さまには、良~くお分かり頂けるかと思います。

一度、卓話でもしようかしら・・・


by miyazaki

今どきの若い女性

いつも使っているガソリンスタンド。
停車した後いつまで待っても、店員さんが来てくれないので、窓を開けて、スタンドのおじさんに声を掛けると、「セルフ式に変わったんです」と。
えっーーーー そんなの、聞いてない
確かに、最近、セルフのお店、増えましたけど、私、セルフでのガソリンの入れ方、知りません

「え~。出来ませ~ん」とか色々言っていると、「今回だけですから」と言って、優しい店員のおじさんが入れてくれ始めました。

有り難い 一方で、無理を言ったようで、なんだか申し訳ない気もしてきて
ガソリンを入れて貰っている間、沈黙が続くのも気が引け、何か話して場を持たせようと思ました。

そこで、「セルフのお店、最近、増えて来ましたけど、女性とか苦手なんじゃないですか~」と私。

すると、

今どきの若い女性は、むしろセルフ慣れしてありますよ」って・・・。


その後は、二人の間に、静か~な時間が流れて行きました。

by miyazaki

鬼のような(?)破産管財人

破産ってよく耳にされると思いますが、単に破産手続き開始決定を受けただけでは、借金がなくなることはありません。
「免責決定」を貰って初めて、債務の支払いを免れることができます。
この免責決定については、法律で、「免責不許可事由」(ギャンブル、浪費、財産隠匿などが有名ですね)が定められていますが、実際のところ、免責不許可事由に当てはまる行為があったとしても,その行為の悪質さの程度が低かったり反省の態度が顕著だったりすると「裁量免責」といって、免責を認めることが多くあります。
なので、実際に免責不許可決定が出る比率は、司法統計によれば1%に満たないようです。

そして、破産管財人は、免責不許可事由があるか、あっても裁量免責を与えるのが相当かを調べて、裁判所に報告書を提出しなければなりません。
わたくし、弁護士になって19年目ですが、これまで、破産管財人として不許可意見を3度、書いたことがあります。
これは免責不許可が全国的に見て1%に満たないとすれば、なかなかな数字です。

決して、私の心が狭い訳でも、無慈悲な訳でもありません。
私、破産法を選択しましたので破産法の趣旨は理解しておりまして、基本的には人生に一度の経済的更生の機会な訳ですから、たとえ免責不許可事由があっても、裁量免責の道を探るのですが、、、。
きっとですね、私は、お金のチェックやら財産調査が細かいのでしょうね。
そして、破産者が、その場しのぎで、どうにも不合理な説明を繰り返したりすると、、、破産管財人への説明義務違反という免責不許可事由が追加されますので、注意が必要です。

とは言っても、ここまで不許可意見を書く事案の管財人就任が多いと、裁判所が、問題がありそうなケースを私に回しているのでは、、、と思うこともないわけではなく…。

まあ、仕事はちゃんとしています!


by miyazaki

お付き合いください。

先日、大変尊敬する方と飲んでおりましたら、
「仕事柄、一般の人からすると珍しい体験や、貴重な体験を多くしているはずだから、
ブログを書いたらいいのに。毎日。」と言うアドバイスを頂きました。

その方は、私より多忙なはずなのに、毎日ブログを書いてあり、敬服するところです。

この歳になると(どの歳かは言えませんけど)、
新しいことを始めるのは、腰が重くなりがちですが、
何かを始めて、それを継続していたら、違う世界が広がることもあるかと。
そして、この歳になると(どの歳かはいえませんけど)、
自分の世界が固まりがちで、それを少しでも崩すことが出来たら、それは宝物への道かと。

とは言え、急に「毎日」っていうのはハードル高いですから、週2,3を目指して頑張ろうかなと思ったところです。
テレビのこと、遊びのこと、そして、仕事のこと、、、考えたら、色々ありますしね。

「動いたら変わる」「動かないと変わらない」って言いますし、
ちょっと変化を求めたい年頃かもしれません(笑)

しばし、お付き合いください。

by miyazaki

不貞の証拠ースマホやPCからのデータ取得は罪???

最近、世の中では不貞・不倫の報道が盛んで、私がコメンテーターを務めるテレビでも、それに関連する質問を受けることが多くなりました。

一般の方のイレギュラーな出来事をレギュラーに扱うことを生業としておりますと、自分では当然と思っていることが、世の中では意外だと驚かれることもあり、、、今回は、その一例をご紹介。

元アイドルで現女優の方と不貞相手の男性医師との不貞に関する「自撮りキス写真」や「パンツを被った写真」が流出した件、ご存知でしょうか?
内容からして、個人が保存しているスマホかパソコンから、写真が流出したものと思われます。
先日のテレビで「これ(勝手に取得すること)って、罪にならないの?」という質問がありました。

「罪」=刑事上の問題というのであれば、スマホやパソコンから電子データを勝手に取得する行為には、窃盗罪は成立しないんです。(←周りの方が驚いたことに驚きました(笑))
つまり、日本の刑法は、窃盗罪の客体を「財物」としており、「情報」を財物に含めていないのです。ゆえに、情報窃盗は罪とならず。
例えば、AさんがBさんのスマホに不貞の写真(データ)を発見し、BさんのSDカードにデータを移してSDカードを持ち去れば、SDカードの窃盗罪なりますが、データを自分のSDカードに移したり、自分のメールに転送した場合には、窃盗罪は成立しません(ABが夫婦の場合、親族相盗例って問題もあります)。
ただし、スマホやPCに、ID・パスワードを入力して、クラウド(ネットワーク)上にあるデータを取得した場合には、不正アクセス禁止法に違反する可能性があります(同法には懲役、罰金の刑罰も規定されています)。
けれど、これもネットワーク上にあるデータにアクセスしない限り、対象となりません・・・。

そして、こうやって取得された証拠が、民事上の裁判で証拠として使えるかというと、取得方法の違法性の程度がよっぽど高くない限り、基本的には証拠能力が肯定されています。
多くの裁判で証拠能力が肯定されているのが実際ですね。

こうして、私は、依頼者や相手方が提示した不貞の証拠となる写真やらメールやらをどれだけ扱ったことか…。

情報管理は厳重にされることをお勧めします。


by miyazaki


慣れとは・・・

画像


テレビ局に出入りするようになっての一番の違和感は、昼間に会うのに誰もから「おはようございます!」と言われること。
なんか"業界の人"っぽい気がして抵抗があり、「お疲れ様です~」と言い続けたのに、5年以上経った今日、とうとう無意識に「おはようございま~す」という言葉が…

弁護士になったばかりの頃、「先生」と言われるのを必死に抵抗してたのに、いつのまにか受け入れたのと似てる…

慣れとは恐ろしい…。

反省

by miya

後光写真!?

思い起こせば、これまで、良くも悪くも、何かしら引き運が強いと思う出来事が多々ありました。

ゴルフボールが頭の頂点を直撃し、流血事件の被害に遭ったり、
最近、約4か月の間に、2度も車のフロントガラスに飛び石を受けたり、、、。

これは、昨年、「人生に一度は生で富士山を見たい!」と思い立ち、老いた両親を連れて河口湖に行ったときのこと。
画像


私の顔周りに、うっすらと、明るい光が見えるのが分かります???(暗いところで離して見ると分かりやすい)
なぜ、こんな風に映ったのか、自分ではさっぱり分かりません(笑)。

この富士山旅行の日程は、
熊本地震の前震が起きる日の朝に福岡を出発し、本震が起きた日の夜に福岡に戻ったというもの。
そう。私たち家族は、熊本地震の体験がありません。
地元の方には申し訳ないと思いつつも、前震、本震の恐怖を、年老いた両親に経験させなかったことに安堵する気持ちがありました。
きっと、神様、仏様、ご先祖様、その他もろもろに(笑)、守られていたに違いない!

そして、これからも、お守り下さいますように。
努力は怠りませんから。

by miya

駆け抜ける!

今日感テレビ(RKB毎日放送)のコメンテーターとして最初に出演したのが、平成24年5月1日。
翌年から、毎年、5月の最初の出演日に記念撮影をしています。
右下から上に順に平成24年、25年、26年、27年
左下が平成28年、左上が今年。
画像

気づけば、6年目に入っていました!
ようやく少し慣れてきた気がします(笑)

最初にお会いしたRKBの方が、3時間の生放送(現在は2時間)に戸惑う私に、
「収録より生放送の方が絶対に良い!」と言われた意味が、最近良く分かります。
終わったことは過去に置いて、振り返らず、駆け抜けて行ける生放送が好きです。
収録って、やり直しがきくと思うから、何度も撮り直してしまい、なかなか先に進めないから。
やり直しがきかない方が、潔く前に進んで行けるのは、人生と似ているかもしれません。

これからも、駆け抜けたいと思います!

miya

同じ人は二人は要らない

わたくし、2016年4月より、福岡県弁護士会筑後部会 部会長に就任しておりまして、先日、その就任披露宴でした

画像


見てのとおり、役員9名の内3名が女性です
平成15年に男女共同推進本部が決定した「指導的地位に女性が占める割合が
少なくとも30%程度になるよう期待するという目標」という、、いわゆる2020年30%目標
福岡県弁護士会は、既に達成したことになります。
これ、かなりすごいのよ
とは言っても、福岡県弁護士会の会員に占める女性の割合は17%ほど。
来年もこの役員比率が続くわけではありません

さて、私が部会長を務める福岡県弁護士会筑後部会は、
小郡以南、大牟田までの福岡県南地域に事務所を置く弁護士が所属しています。
私が弁護士になった当時、まだ40名代だった弁護士数も、今では100名近く
それでも、私より先輩の女性弁護士はおりません
そう、まさに、お・つ・ぼ・ね
見本とする先輩がいない中で、手探りで、草を掻き分けながら歩んできました。

多くの社会に進出した女性が経験してきたことと思いますが、
(特に、この県南地域は、まだまだ封建的なところですから)
意識的か無意識かを問わず、
「弁護士が必要となるような難しいトラブルは男性に頼む」といった風潮が残っています
私も、そんなガラスの天井や壁に、何度ぶつかったか分かりません
まだ、新人の頃、そんな風潮に戦いを挑むかのように、男性のようなカチッとしたスーツを着て
あたかもテレビで見る「弁護士らしい」恰好で、肩肘張っていた時代があります。
けれど、時間経験が、気付かせてくれました
同じ人は二人はいらない と
誰かの真似をしても始まらない
だって、同じ人は二人は要らないのだから
私は、私らしくあればいい
自分の個性を伸ばすことが重要だと

自由な翼を得た気分でした

そうして、自由に羽ばたき・・・、現在に至ります

思いがけない縁で始まった今日感テレビ(RKB毎日放送)のコメンテーターの仕事も、5年目に入りましたが、
画像

思いがけず長続きしたのは、私が、私らしさを失わなかった結果かもしれません。


私は、弁護士ではありますが、
弁護士らしくある必要はないと思っています。

これが、私

手に入れられもの、
手に入れられなかったもの、
沢山あります

それが私

そして、これでいいと思える…そのことに感謝です

by miya

新年会

昨日は、RKBコンテンツ制作部の新年会

“テレビで見たことある人”がいっぱい(笑)

画像


もちろん、今日感テレビの皆で、独自に盛り上がる

生・和栗先生とも出会えたし、幸せ~

画像


注:私の顔が、横にぺちゃっと写っているのは、端っこにいるせいですから、念のため…

国会への最後通牒

昨日(H26.11.26)、参議院・一人一票実現裁判の判決を聞きに、最高裁判所大法廷に行ってきました

荘厳な大法廷。その特別傍聴券って知ってます???
じゃ~ん それは、こちら↓
画像

代理人だけが、貰えたりします(ちょっと自慢)。

一人一票実現裁判は、1票の価値の不平等(較差)を問題とするものです。
1票の価値の不平等とは、住んでいる場所によって一票の価値が不平等になるという事態。
例えば、選挙区の人口10万人につき議員1人という地域の住民が投じた一票に対して、人口20万人につき議員1人という地域の住民が投じた票はその半分の価値しかない、といったような不平等のことです。
前回の参議院選挙、最も少ない人口から選出される選挙区(鳥取県)と比べて、福岡は、なんと0.23票でした。
どこの地域に住もうと、主権者であるのは同じはずなのに、住んでいる地域でその投票価値が違えば、政治に与える影響力も異なってしまい、国民主権は絵に描いた餅になってしましますよね。
故に、そのような不平等な状態で行われた選挙は憲法に違反し無効である、というのが一連の選挙無効訴訟です。

最高裁判所は、平成24年10月の大法廷判決で、参議院議員選挙について
「都道府県による選挙区割りは憲法上の要請ではなく、是正すべき」という画期的判決を下していました。

今回の判決の対象となった参議院議員選挙は、この24年最高裁判決の後、「4増4減」がなされただけの状態で行われました。

そして、昨日の判決では、この参議院議員選挙について、
違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあったとして違憲状態だったと示し、
ただ、24年最高裁判決から選挙まで9カ月しかなかったことに加え、
次回の平成28年参議院選挙に向けて制度見直しの取り組みが続いていたことなどを評価し、
是正に必要な期間を経過したとまではいえないとして、選挙無効とはしませんでした。
同時に、国会に対して、「一部の選挙区定数の増減にとどまらず、都道府県を選挙区単位とする現行方式を改めるなどできるだけ速やかに立法措置により不平等状態を解消する必要がある」と念押ししました。

逆に言えば、この判決は、
国会の怠慢に、最後通牒を突きつけたものと言われています。
最高裁が選挙無効としなかった理由が、「現在、制度見直しに取組中」にある以上、
国会は、平成28年参議院選挙までの間に、24年最高裁判決及び今回の最高裁判決が求めた都道府県を選挙区単位とする現行方式を是正する必要があるのは明らかです。
それがなされなかったとき、、、最高裁が初めての選挙無効を宣言する日が来るはずです
司法権を馬鹿にしてはいけません

なお、もうすぐ、衆議院選挙が行われます。
最高裁は、平成23年最高裁判決で、衆議院議員選挙について、
都道府県に1議席を割り当て、残りを人口に応じて配分する「1人別枠方式」が投票格差の不平等の主因となっているとし、できるだけ速やかに1人別枠方式を廃止し、憲法の要請にかなう立法をするよう命ずる画期的な判決を下しました。
平成24年の選挙に対し選挙無効訴訟が起こされましたが、
平成25年、最高裁は、「0増5減」では、2011年最高裁判決が要求した「1人別枠方式の廃止」の問題は解決されたとは言えないと判断しました。

今度の12月の衆院選については、国会は、今となっては、選挙方法を是正することは不可能です。
「0増5減」の改正しかなされず、選挙は実施されます。
そして、選挙翌日には選挙無効訴訟の提訴が予定されています。
そうすると、12月14日の選挙に関して、最高裁は、どんな判断をすると思いますか?


by miyazaki

衝撃のペアルック♪

この前の月曜日の今日感テレビの出演日。

月曜日は、いつも、元プロ野球選手(現RKB野球解説者)の島田誠さんと一緒です
島田さんは、すごく面白くって優しい人で、いつもワイワイガヤガヤと楽しんでいます

そんな気持ちが高じすぎたのか、
スタジオに入ると、まさかの同じ色の人を発見

衝撃のペアルックです

しかも、ここまで完全にかぶることって、わざとやっても、なかなかできませんよね~

画像


気が合いすぎるんです。うふっ とか、言ってみる。


by miyazaki



★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

3年生になりました♪

本人の知らない間に、世話好きなおじさま達による婚活の思惑も兼ねて、紹介して頂いた今日感テレビ(RKB毎日放送) (→この時の「婚活だったの???」のブログはこちら

おじさま達の思惑は、残念ながら叶いませんでしたが
本人としては、とっても楽しい時間を過ごしています。
そして、この5月には、お陰様で3年目に突入

本番中ですが、、、、CMの合間に記念撮影

実は、それなりに緊張して出演していた時期もあったんですけど(遠い目…)、
今では、誰より楽しんでいるのは自分かもしれないと思うくらい、楽しんでいます
(だって、面白いのよ、特に副音声が。ふふっ

画像


この楽しい楽しい雰囲気が、見てる方にも伝わってくれると良いなぁと願います

追伸
この4月から、毎週月曜日(但し、最終週を除く)の出演になりました。
よろしくお願いします


by miyazaki

ペルー&女子旅って最高♪

一生に一度は自分の目で見てみたい!と言えば、やっぱ、マチュピチュですよね~
と、意気投合し合った友達と行ってきましたペルー女子旅

マチュピチュに行くには、まずは標高3500メートルのクスコという街に空路で入る必要があります。
高山病を心配していましたが、貰った予防薬のお陰か、みんな元気
むしろ、雨季にも関わらず、澄み渡ったインカの首都クスコが予想以上に素敵で大興奮

画像


さらに、マチュピチュには、クスコから、列車で山の中を、うねうねと行く必要があります。
その果てに、ど~んと現れた天空の都市、マチュピチュ

画像


圧倒的な美しさと、そこに広がる神秘に、心から感動
雨季だからこその緑の美しさと、雨季にもかかわらず完璧な快晴に、晴れ女かも~と皆して自惚れてしまいました。

さらに、南のパラカスでペンギン観察してみたり、
画像


沈む夕日の美しさに時間を忘れてみたり、
画像


ペルーって、一度で沢山の表情を見ることができる素敵な国でした
海に近いのでお魚が新鮮で、山岳地帯があるから穀物も豊富で、結果、食事は、どこで食べても美味しくって、ちっとも日本食が恋しくなりません。

勢い余って、人生初のクイにも挑戦してみたりして。。。
クイとは、、、、ね、ネズミのこと!!!

画像


郷に入らば、郷に従うのが、旅の掟ですよね~。

さらに、新年を迎えるペルーの伝統に素直に従って、、、、大はしゃぎ(笑)
画像


女子旅って、最高

by miyazaki

ネパール紀行

先日、久々のお休みを頂いてネパールに行ってきました

何だかんだと仕事に追われて休みを取るのが後回し、後回しになり
お盆お正月以外に長期の休暇を取るのは、なんと5年ぶり。
自分でも、あまりの勤勉ぶりに驚きました
お盆正月も、働いてたもんなぁ~


さて、初めて訪れたネパール

象の鼻って、思ったよりも柔らかいの、知ってます?
画像

象にも乗ったりしちゃたし(笑)
画像


そんな初めての体験を、沢山、させてくれたネパール旅行でした

マウンテンフライトで見るエベレストの神々しさ
画像


ヒマラヤを赤く燃やす朝日の美しさ
画像


自然の中でぼんやりする時間の穏やかさ、
接する人たちのあたたかさ、
沢山の幸せ経験がありました

最後に離団して訪れたインドに接するジャナクプルは、それまでのネパールと全く違って、
人間として生まれ動物のように育つ子どもを見て、胸が痛みました。
蚊とハエと糞尿と人糞と・・・。
日本とは、あまりにも違う環境。原因を考えても答えに辿り着かない自分の薄っぺらさを実感しました。

それもこれも含めて、色んなことを経験し、色んなことを学んだ休暇でした。

清々しい気分で、新しい年を迎えられます

皆様も、良いお年をお迎えください。

by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

転んでも・・・

この6日間、ずっと頭痛に悩まされていました
余りにいつもと違う頭痛が続くし、薬飲んでも効かないから、脳神経外科に行ってみると、頭部MRA検査を実施され・・・


そしたら!!!

「いっぱい詰まった良い脳みそですね~」と褒められました~
きゃ~!!!
「血管もきれい」だって
商売道具を褒められた気分
転んでもタダでは起きないもんね  ふふっ。

もちろん、褒められて良い気になった私が、「弁護士ですから!」とかなりのドヤ顔で言ったことは言うまでもありません(笑)


んで、原因はと言うと・・・。
先週の土曜日、京都のお寺で、普段は入れて貰えない秘密の場所を案内してもらっていました。
天井の細工が凄くって、お寺の方が親切に説明してくれるので、およそ1時間半、「すご~い」と感動しながら、天井を仰ぎ続け…。
結果、首の筋肉が大変なことになったようです
あんまり、上を見過ぎるのも、恐いですね~
皆さまも、お気をつけて。


by miyazaki

事務所が大きく成長します♪

平成26年1月から、私どもが“弁護士の父”として尊敬してきた大脇久和先生が、青翠法律事務所に参画されることになりました
去年は私が県弁護士会の副会長、今年は富永さんが副会長を務めるなど、私たちも「中堅」に一歩足を踏み入れたところでしょうが、右も左も分からない不安だらけの新人の頃から、大脇先生は、新人相手に勉強会を開いて下さるなどして、鍛えて下さいました。
多少は成長したはずの今でも、大きな方針で悩むとき、相談に乗って下さる羅針盤のような先生です。
私どもの事務所に来て下さるなど、光栄の極み

今日は、ちょっと早いけど、大脇先生をお迎えするための改装工事の日
(気が早いというより、輸入して来るんで、船便の関係で、ね

もう9年も前になりますが、私が最初に事務所を開いた平成16年当時からお世話になってる親方です。
平成20年に富永さんと共同経営を始めるにあたって拡張した時にも、お世話になりました。
とっても優しい、とっても職人気質な、ザ・プロ 
全幅の信頼を寄せています。
記念に、こっそり撮影

画像


そして、改装完了

あとは、大脇先生の参画を待つのみです。

画像


と言う訳で、青翠法律事務所、これからもっと躍進します。
御期待下さい。必ずや、お応えします

by miyazaki

上向きお手伝い

弁護士の誕生日には、事務員さんたちが、こっそりケーキを準備してくれます
今回も、事務員さんたちが、こっそり準備していた富永さんの誕生祝ケーキ

画像


今年副会長の富永さんは、会務に追われ、なかなか事務所にいないから、ちょっと遅れてのサプライズでした

・・・が、サプライズにしていたせいで、富永さんったら、知らないうちに予定を入れてて、出て行こうとするから、皆で大慌て

とりあえず、ケーキを掻き込む彼に、そっと後ろから忍び寄ってみたら、なんだか、背後霊っぽい感じに??!!

な~んてね

画像

などと、毎回、ふざけている訳ではありませんが
辛い出来事に関わることが多い仕事場であればなおさら、楽しく過ごしたいと思って早13年
意を決して、法律事務所に相談に来てくれたのに、さらに暗い気分にはさせられませんっ
上向きお手伝いの人たちでありたい

by miyazaki

隠しきれないお年ごろ

買ったばかりのカラーパンツを履いて、意気揚々と事務所に行ったら
富永さんに、「ジャージーみたい」と言われ
そのまま裁判所に行ったら、今度は書記官さん♂に「先生、今日はやけにカジュアルですね」って言われた

なによっ   カラーパンツ、流行りなのにー。
男って、どいつもこいつも、センスがな~い


・・・って、ん??
こうして見ると、確かにジャージっぽい???
いやいや 、 流行りのカラーパンツよ~

負けずに、イエーイ(笑)

画像


・・・などとFacebookでやってたら、
友達に、「ポーズがジョントラボルタ@サタデーナイトフィーバーみたいですね」と指摘され…。

はっ…
ポーズと言ったら、これしか思いつかなかったところに、隠しきれない年が見え隠れ…


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

試練の2年間

先日(5月22日)、福岡県弁護士会の総会&役員披露宴が開かれました

富永さんは、新任副会長として、役員披露宴にて、お披露目
画像


わたくしは、退任副会長として、総会にて、感謝状を頂きました
福岡県弁護士会は、1年の務めを果たすと、こんな心温まる贈り物をしてくれるんです
画像


福岡県弁護士会は、今年に入り、会員数が1000名を超えるなど、東京、大阪、愛知、横浜に次ぐ大規模弁護士会になりました。
この規模の弁護士会で、一つの事務所から、2年続けて副会長を出すのは、おそらく全国的にも珍しい珍しいはず・・・

事務所にとっては、試練の2年間ですが、
任期を終えた身からすれば、貴重な経験をさせて貰った1年間でした 個人的には清々しい気分
そして、事務所としては、あと1年。二人しかいない事務所ですから、何とか、この試練を力を合わせて乗り越え、さらに事務所としてど~んと成長して行きたいと思います
応援して下さいね


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

目の上のピクピク

福岡県弁護士会では、沢山の委員会が、それぞれの目的に向かって、積極的な活動をしています。
前年度、私が担当副会長をする委員会の中に、両性の平等に関する委員会と犯罪被害者の支援に関する委員会というのがありました。
昨年の9月頃から、この二つの委員会が共同して、DV被害者(DV法の保護命令の対象となりうるような身体的暴力・暴言がある場合)からの相談は無料にしよう!と、企画していました。
弁護士会の法律相談センターでの相談は原則として有料ですので、特定の相談を無料にする場合などは、「常議員会」という弁護士会の議会みたいな所の承認を得る必要があります。
つまり、担当副会長である私は、この常議員会で、企画を提案して承認を得ないといけない任務を背負っていました。
(が、小声で言いますが、↑ここ、とっても怖い場所なんです←私にとっては)
昨年の12月から、この企画を常議員会に何度も何度も掛けながらも、都度、課題を突き付けられて跳ね返され、、、
が、ようやく任期終了間際の3月、何度目かのアタックの末、ようやく承認を頂いたのでした
途中、心が折れそうになったことが何度あったか分かりません
しかしながら、逆に、一つの企画を実現するために必要な、沢山のことを学ばせて貰いました。
任期終了間際でしたが、とにかく、通って良かった。嬉しっ
DV無料相談は、全国では千葉県に次いで2県目になります
以前、今日感テレビに出た時に、ちょうどDVの特集があったので「弁護士会でも無料相談を準備中」と言ったのですが、嘘つきにならないで良かったぁ

承認後も、6月のスタートに向け、弁護士向けの研修とか、広報とか、委員の皆さまは、準備作業に、本当に大変なご苦労をされています

と言う訳で、福岡県弁護士会、この6月からDV無料相談(配偶者から暴力・脅迫を受け、さらに生命・身体に危害を及ぼす暴力をうけるおそれのあるケースが対象)が始まります
詳しくは、6月以降に、福岡県弁護士会の法律相談センターにお問合せくださいね

不思議なもんですが、この常議員会の山場から、私の右目の上瞼に「ピクピク」とした痙攣が始まりました
目の上のたんこぶ、ならぬ、目の上のピクピクも、かなり不快なものです
結局、2ヶ月近く「ピクピク」は続き、、、副会長退任すると、気付いたら無くなっていました
ストレスだったんですかね~

by miyazaki

今日感テレビ・2年目に入りました♪

コメンテーターの矢野寛治さんと若林宗男さんの間にちょこんと挟まれて、
ドキドキの初出演を果たしたのが、去年の5月1日(→こちら)。
ようやく、無事に(?)、2年目に突入しました

今年もちょうど、5月1日に出演する機会に恵まれたので、皆で、2年目に突入のポーズ

画像

あくまでも、これ、Vサインではなく、2年目です!

川上さん、みずきさん、矢野さん、若林さんはもちろん、
表に出て来ない方々も含めて、沢山の人と知り合えて、それが続いていることが、何にも代えがたい宝です
この出会いと繋がっていく縁に、心から感謝


by miyazaki

“自由”という癒し♪

弁護士会の副会長を務めていた1年間は、出張は増えたものの、自分だけの自由な時間を持つのが難しかったのですが、4月に入り、ようやく任務終了で、解き放たれた気分に

…とは言っても、何かと用事が入るので、まずは近場で、つつじ見比べツアー美肌温泉に浸かって来ました!
“自由”という解放感は、何にもに勝る癒しです

さて、まずは、大興善寺へ。
何故か、恋人たちの聖地と言う別名がついているようですが、周りを見渡す限り、半世紀近く前には恋人だったと思われる集団しかおらず…
画像

ここに到着した時点で、既に私の膝は笑っていました (階段が多いの!)
一目一万本のツツジ谷ですが、4月26日の時点では、まだちょっと早い感じでした。

翌日には、ツツジも燃える祐徳稲荷神社へ。
画像

つられて私もファイティング
画像


遠目には、咲き誇って見える祐徳稲荷のつつじですが、
近くで見ると、既に花の盛りを過ぎていて、何だか寂しい感じが…
ん???自分と重なる気がしたのは、一瞬の錯覚か…

「ツツジも妙齢の女性も、ある程度の距離を保ってご覧ください
な~んてね

by miyazaki


婚活だったの???

忘れもしない、去年の3月22日。
RKBに御縁のある弁護士を含めたおじさま弁護士数名と富永さんと飲んでた時のこと。
お酒が入ったノリで、「宮崎さんをテレビに出してみたら面白いかも!」という話になり、ただのノリかと思っていたら、
4月上旬に制作の方から、「ちょっとお話しませんか?」と電話があり、
4月中旬、喫茶店でその方と話をしてたら、「ちょっと5月1日に出て見ませんか?」と言う話になり、
あれよあれよという間に今に至った、、、
と言うのが、これまで「どうして今日感テレビに出るようになったの?」と聞かれた時の答えでした。
私は、そう信じておりました

が!!!先日、そのおじさま弁護士と話していると、
これは「宮崎さんをテレビに出してみたら、結婚相手が見るかるかもしれない!」「面白いかも!」が、正確だったことが判明

えっ!!!!これ、婚活だったのぉ~~~???

…公共の電波を使わないと相手が見つからないと思われていることが、ショック

…ん??? 公共の電波を使っても相手が見つからないことは、もっとショック???


by miyazaki

心の余裕♪

福岡県弁護士会の副会長の任期もあと20日になりました

毎年3月には、横浜弁護士会、愛知県弁護士会と福岡県弁護士会との三会交流会があり、今年も先日、鎌倉にて、この三会交流会が開かれましたので行ってきました。
ここでは、各弁護士会の現執行部、次期執行部とが集まり、それぞれの会が抱える問題などについて協議したりします。
そう言えば、去年の今頃も、次期執行部として愛知に行ったなぁ(→これ
「執行部」という未知の世界への不安感に襲われながら、憂鬱な気分で愛知に向かったのが昨日のことのようです。
当然、執行部メンバーも顔合わせしたばかりの頃で、互いに連絡を取り合うこともなく、皆、行動はバラバラ…。
不安感の上に、孤独の風まで吹いた三会交流会でした

しかし、今年は違います
色んな逆風の中、固い結束を誇るようになった我が執行部は、「どうせ羽田に着くんだから、会長お勧めの江戸前うなぎ屋さんに寄ろう!」という私の提案に皆賛同してくれ、現執行部(+α)揃って、鰻を頂いてから鎌倉に向かいました
去年とは、心の余裕も違います

この鰻が、これまた美味しかったこと
画像


そして、鎌倉での懇親会へ突入です(もちろん、白熱した真面目な協議会を終えて)

あっと言う間の一年間でしたが、このあっという間に、本当に色んなことがありました。
それでも、一年間、皆、それぞれの立場で、それぞれの力を尽くして来たつもりの私たちです。
去年とは、打って変って、とても楽しい三会交流会でした。
心の持ち方ひとつで、こうも見える世界は違うものなのなんですね

翌日は、鎌倉ツアーを満喫
鎌倉に来たからには、大仏様には会わなきゃね!
画像

・・・ふと気付いたんだけど、大仏様って、思いがけず猫背??!


by miyazaki

女子高で女子力を♪

私、筑後中小企業経営者協会に入っていて、ここの委員会が、毎年、高校で出前授業を展開しています。
今年は、仲良しの委員長さんに出前授業の一つを頼まれ、「美味しいものを食べさせてくれるなら」と言うことで、お寿司を御馳走に!

画像


しかし・・・。美味しければ美味しいほど、プレッシャーになる気がしないでもなく・・・
加えて、「美味しい具合によって、話す意欲の程度を変えます!」とまで言った、かつての自分の言動を、深く反省することとなりました。軽口を叩くとは正にこのこと

・・・そして、色んなプレッシャーと戦いながら、やって来ました出前授業の当日。
私は、とある女子高の1クラスを担当しました。
女子高で“女子力”を話してみたりして

画像


この数年、今回の女子高と同じく、出身高校での講義もやっていて、いつも思いますが、
高校生くらいを相手にお話しする方が、キラキラした瞳で熱心に聞いてくれるから、楽しい
自分自身にとっても、歩いてきた道を見つめ直す機会にもなって、良い

画像


・・・実は、この頃はノロに襲われてて、お腹にホッカイロを貼って対応…
無事に乗り越えた私に、きっと、誰か、ご褒美をくれるはずっ

・・・と、期待しながら時は過ぎ
心ある人はいないものか。。。

by miyazaki

心は自由だ

司法試験を受けようと思ったのは、大学4年の就職活動での、性差別をする面接官のおじさんから受けた理不尽な経験。。。
資格を得ても、それがあるからと言って、差別を生みだす人の意識が変わるものではないことも知った。
私が登録した筑後地域では、私より先輩の女性弁護士さえいなかった。

過ぎて来た道の、大変だった所だけを、敢えて思い返すならば、大変だった訳だけど、
女性であることで大変な思いもした半面、私が物珍しい「女性」弁護士、「女性」副会長であることで、それなりに「利」も得て来たのだと思う。

悪いことばかりがある訳ではない。
影ができるのは、必ず光があたっている部分があるから。
自分の心を、そのどちらに置くかによって、見える世界は全然違う。
なのに、あえて「影」に心を置くのは、自分を削ぎ落して行くのに似ている。

心は自由だ。
せめて、自分の心だけは、何にも邪魔されず、いつも前向きでありたい。


by miyazaki

甘やかし♪

一昨日の今日感テレビ“芸能年末スペシャル2012”で、奈美悦子さんと初めてご一緒させて頂きました
テレビで見るよりずっとスレンダーな方だったので、勢いで、ウエストを触らせて貰ったりして、その細さにびっくり
聞くと、16歳からスタイルは変わっていないんですって
プロは流石っと、最近の忘年会続きで自分を甘やかしてる生活を反省してみたりする。。。

いやいや。おっと、私は弁護士だった
ウエスト周りに多少のお肉がついてもいいんじゃな~いとか、再度、甘やかしモードに入ってみたりして

そして、今日も、飲み会でお腹いっぱいなまま眠りにつく…幸せ

by miyazaki

前向き人生の極意

先日、東京で日弁連の臨時総会が開かれました。
なかなか直接参加するのは難しいので、1名が50名分の代理人になることが出来るようになっています。
と言う訳で、先日、福岡県弁護士会の執行部として、50名分の票を持って上京。
日弁連総会もさることながら、美食家の会長が連れて行ってくれるというお昼の鰻と、夜のすき焼に心が弾みました
どんな状況に置かれようとも、楽しみを見つけるのが、前向き人生の極意
どうせ行くなら、美味しいものを食べる方が幸せ倍増ですよね

…と、弾む心をあざ笑うかのように、飛行機が予定時刻より遅れ、浜松町に着く頃には、既に12時が過ぎ…
日弁連臨時総会は13時からでしたので、私は、既に初の江戸前鰻を諦めつつありました

しか~し 一つの会の長に立つ方と言うのは、現状分析と即座の判断力が違います
「まだ、諦めない!」という御判断のもと、私の初の江戸前鰻の夢が叶うこととなりました
その鰻がこちらの「野田岩」↓
画像

私、鰻は福岡のセイロが大好きで、これが一番と思っていましたが、井の中の蛙でした
江戸前の鰻は、こちらのセイロとまったく違って、身がふっくらとして、鰻本来の味が活きてて、とても上品で、かつ美味
感動的でした

そして、鰻を満喫した私たちが日弁会館に到着したのは、開始の5分前!
決断力と行動力がある会長のもとで良かったと、改めて思った瞬間でした。

総会での代理権権行使もつつがなく終え、夕食は、これまた会長お勧めのすき焼き屋さんへ
画像

福岡と違って、割り下と出汁で一枚ずつ軽く煮ていくお肉は、これまた絶品
日ごろの苦労を互いに労いつつ、ただひたすらにお肉ばかりを追加注文。
美味しかったぁ

本来の務めを果たすのは当然のこととしても、
それ以外の部分で、価値観が合うのって、とっても大事なことですね


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

国際交流♪

福岡県弁護士会と釜山地方弁護士会は、22年も前から、毎年交互に相手国を訪れて交流を図っています。
今年は、福岡が釜山を訪れる番でしたので、先日、釜山に行っていました。事務員さんも一緒に
画像

メインは、取り調べの可視化(録画録音)と成年後見制度。
真面目な交流会は、それなりに真面目に済ませ、最終日は夕方の飛行機までフリータイム
最終日は、私のお誕生日でした。
朝食を事務員さんたちと一緒に取ろうと、待ち合わせをしていたホテルのロピーに降りるエレベータが開いた途端、事務員さんたちが、手作りの横断幕を持って駆け寄って来たんです
その横断幕がこちら (ちなみに、ここは朝食レストラン
画像

素敵でしょ~
嬉し過ぎるっ

嬉しさ余って、この日の訪問先では、いつでもどこでも、この横断幕と一緒に記念撮影
画像

釜山の方は、いつでも皆さん快く、シャッターを押して下さいました
きっと、誕生日における日本の文化と思って下さったはず

事務員さんたちは、お昼のレストランまで予約してくれていて、その上、誕生日ケーキまでお願いしてくれていたんです
幸せ過ぎるっ

そうそう、初めて知りましたが、韓国って、ケーキ入刀の儀式があるんですね
画像

戸惑いながら、カットする私…

と言う訳で、日本のお誕生日文化を韓国の方にお伝えし、韓国のお誕生日文化を体験すると言う、これぞ正に国際交流でしょ。

本来の目的も果たし、彼女らのあたたかい思いやりに包まれた、とても充実した釜山旅行となりました
いつも、ありがとね


by miyazaki

自分の器

我が家の裏には神社がある。
最近、毎朝、決まって7時45分頃、20代の若者が駐車場に車を止め、駆け足でお参りに行き、駆け足で戻って車で去って行く。
茶色い髪をワックスで立てた、一見すると、近寄りたくないと思われがちな青年だ。
ある日、駐車場に空のペットボトルが落ちていた。
彼は、それを拾い、自分の車の後部座席に乗せて去って行った。
次の時、陶器の破片が落ちていた。
また彼は拾い、同じように車に乗せて去って行った。
当然、彼は、誰かに見られていることを知らない。

彼が何を願っているのか私は知らないけれど、きっと、神様は叶えてくれるはずだ。
願いごとは、しっぱなしでは、叶わない。
きっと、願う側に、叶えて貰う「器」が必要なんだ。
彼には、その準備ができている。

それは、きっと、他との関係でも同じ。
何かをしたいと思うなら、まずは自分が動くこと。
誰かを変えたいと思うなら、まずは自分が変わること。

私も、自分を磨こう。


by miyazaki 


ガリバー♪

早いもので、副会長として弁護士会の執行部に入って、ほぼ4ヶ月が経ちます。

7,8年前に執行部を務められた元役員の方の言葉を借りれば、「あの頃の業務量が100とすれば、今は500」。
この言葉だけを聞くと、憂うつな気分に陥りそうなのですが、幸い、私は「今」しか知りません
1週間のうち、かなりの時間を副会長としての仕事に費やしていますが、最初からこれしか知らないので、こんなものだと思っていれば、大した苦ではありません。
比較する経験がないというのは幸せなことです。
逆に、この1年間を頑張って、(一般的に見れば、口う○さい人種が集まっていると思われる)この団体の執行部の役目を果たすことができたなら、私には、もう恐いものは無いはずです
これから先、どんな組織の役職を頼まれようが、私はきっと、朝飯前の気楽さで引き受けられるはずと未来が開ける気がしています

委員会が年々増えて行き、メーリングリストの普及や若手の増加などで、その活動が年々活発になって行っています。
副会長になって初めて、委員会と執行部・常議員会との橋渡役などを務めながら、組織として対外的な活動を行う際の手続、手順、押えておくべき点などを勉強させて貰っています。
以前は、弁護士会という組織が、実際にどんな手順で動いて行っているのか、全く分かっていませんでしたが、委員側の立場にいた頃は、見えなかったものが、今は見えて来た気がしています。
知らなかったことを知るということは、ただそれだけで楽しいものです

最近では、色んな意味合いを含め、会う人、会う人に、「大変ですね」と声を掛けられるようになりました。
人から心配して貰うなどという経験を、滅多にして来なかった私にとって、執行部にいるというその事実だけで、周りの皆さまから、ねぎらいの言葉をかけて頂けるなど、何だか嬉しい気分になってしまうから不思議です。
大変なことが仮にあったとして、それに流されてしまうのであれば、それは間違いなく「負」の出来事でしょうが、決して流されない姿勢を保つということは、結束が強まるということでもあって、「正」の出来事に転じるものと思います

自分の事務所での仕事は、予想したとおりに減りましたが、今年は種を播く年だと位置づけました
いつも、収穫ばっかりできる訳ではないですもんね。
播いた種たちの1年後の成長が楽しみであったりします
 
最後に、何より、この執行部で良かったと思うことが一つ。
私、(縮んでいなければ)161cmの身長に、いつも6cm位のパンプスを履いていますので、トータル167cmほど。
平均よりも大柄なのです。
ですが、今年の執行部は、私を除く執行部の皆さん(もちろん、女子は私一人)が、揃えたようにかなりの大柄な方ばかりで、この中にいると私、かなり「華奢」に見えるのです!
こんな機会、またとないはず!
そこで、私の「華奢さ」を印象付けるため、僭越ながら、本年度執行部の別名を付けさせて頂きました。
名付けて、ガリバー執行部
と、極めて自己中心的な考え方の私ですが、かけがえのない“仲間”として、私たち、頑張っています

色んな出来事はありますが、影が出来る部分があるならば、必ず光が当たっている部分があるはずです。
自分の心をそのどちらに置くかで、きっと見える世界は違ってくるはず

負けません (って、何に??!)


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!



“ロールモデル”に

先日、福岡県男女共同参画センター「あすばる」から取材を受けていたロールモデル。 その時の記事が同社のHPに掲載されました

画像


実際の記事は、こちらをクリック!→記事へ

取材時には1時間40分近く、一方的に延々としゃべり続けたのに、
ちゃんと、上手に私の話をまとめて下さっていて、感動
しかも、プロのライターの腕とはさすがのもので、「私」をすごく格好良く書いて下さっていて、再度、感激

もちろん、嘘がある訳ではないのだけど、ここから推測される私自身に負けないように、これからの私も頑張らないといけない!と、改めて身の引き締まる思いをしました

まだまだ発展途上(のはず)の私としては、これまで、ただただ、がむしゃらに前に進んで来た記憶しか無く・・・、こうやって、途中で振り返って見る機会を与えて貰えたことは、とても貴重な体験でした

その過ぎて来た道の、大変だった所だけを、敢えて思い返すならば、大変だった訳ですが、女性であることで大変なこともあった半面、こんな取材を受けること自体、私が物珍しい「女性」副会長であるからで、それなりに「利」も得て来たのだと思います。
一つのことに影があるとすれば、必ず光があたる部分もある。
自分の心を、そのどちらに置くかによって、見える世界は変わってくるはず。

何かを変えたいなら、まずは、自分が変えれることをすべきだね。
そして、自分が変えられることは、自分の中にしかないと思う。
自分の力では如何ともしがたいマイナスの部分に意識を置かず、
プラスの部分に意識を集中して進んで行く方が、きっと物事は上手く行く。
そして、いつか気づいたら、プラスがマイナスを消し去ってくれているはず。

そんなことにも気づかせてくれた、貴重な体験でもありました。
あるばるの皆さん、ありがとう


by miyazaki

ダムの底に辿り着く前に

制度が変わり、今でこそ、司法試験の合格率は格段に上がりましたが、私の頃は、3%未満。
勉強ばっかりして社会常識がないだろうという懸念の元、司法修習の期間には、「社会修習」なるものがあり、その一環で、久住山に登山したことがありました。
登山が、一体、何の役に立つのかしら?と斜に構えていた私でしたが・・・。

私の班(司法修習生は、班体制で動きます)は、全部で7名。内、女性は私だけ。
頂上でお昼ご飯を食べると、女性へのいたわりなどと言う言葉を知らない男どもは、まるで競争するかのように、我先にと下山していきました。
私は一人、置いて行かれ・・・
仕方ないし、頑張らねばと思い、天性の勘に従い、下山ルートと思われる道に従って、下山を始めました。
すると、道は段々と狭くなり、茂った木の間を抜けるようになり、、、「何かおかしい」という気持ちが湧かなかった訳でもないですが、登山などしたことがなかったので、「山道ってこんなものかなぁ。」と思いながら、「道」を進んで行きました。
その内、「道」はまるで小石が並んだ細い線のようになり、ちょっと水も流れていたりして、、「久住って予想外に険しいなぁ」と思いながら、左右から延びる小枝を掻き分けながら進んで行くと・・・、
何と 見上げた私の目の前に、高い高~いコンクリートの壁が広がったのでした
・・・そう!私は、砂防ダムの底に辿り着いたのです
既にお分かりかと思いますが、私が信じて辿った「道」は、災害の際、土石流が流れ込む「渓流」だった訳です。
「だから、小石や水が流れていたのね!」などとガッテンしているどころではありません
当時は、携帯の電波も普及しておらず、携帯は圏外。私は一人、ダムの底…。
目の前が、クラ~としました
険しい道を乗り越えてもなお、壁にぶつかったら???
そう。這い上がるしかありません
そこで、コンクリート沿いを伝って歩くと・・・、上がっていける箇所を発見
這い上がると、車が通れそうな砂利道を見つけましたぁ
砂利は人工的な物でしょ?ここを辿れば下界に通じるはず!
ということで、私は、無事に、《司法修習生、久住で遭難!》などという新聞の見出しにならずに済んだのでした
再会した仲間達は、自分らの薄情さを反省することもなく、私を“ダムの底から這い上がった女”と呼ぶ始末…。
(改めて振り返れば、人より、こういう状況に立たされることが多い人生かも
・・・という訳で、私の予想に反して、貴重な社会経験となったのでした。

それにしても、思うのは、何ごとも、一人で頑張り過ぎるというのは考え物です。
その道が、本当に正しい道かどうかは、その道を知った人にしか分かりません。

法律上のトラブルに巻き込まれた時は、一人で頑張り過ぎないで、その道の専門家である私どもに御相談下さいね。
ダムの底に辿り着く前に。



by miyazaki 


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!


今日感テレビに出て来ました♪

ゴールデンウィークの中日ころ、家族以外には誰にも告げずにひっそりと・・・、
今日感テレビに出て来ました
4月に入ってお声掛け頂いたと思ったら、あれよあれよと言う間に、その日がやって来て…。
初めてのテレビが3時間の放送…。
ドキドキでしたが、秒単位の仕事をテキパキ進めるスタッフの方や、司会の川上さん、みずきさんのプロ振りに「すごいっ!」と感心していたら、あっという間に終わってしまいました。
こんな充実した、かつ長時間の放送を毎日作っている方たちの能力やら努力って言うのには、本当に驚かされました
そして、私にとっては、すごく新鮮で楽しい体験
周りの方がすごく親切で、かつ面白くって・・・、高らかに笑っている内に終わってしまったような記憶しかなく・・・ (何やってるの?私
話し出すタイミングが全く分からなかったり・・・
などなど反省する点は多々ありますが 、それは次に活かすとして、、、振り返らずに、気持ちはいつも前向きに
(内緒ですが、私の左右のコメンテーターの方に比べて、私用のライト がかなり明るいの!! RKBの方の心遣いに、じ~ん

4月いっぱいをかけて弁護士会(新役員)での挨拶回りをしていましたが、多くの所で、「弁護士って敷居が高い」というお叱りの言葉を耳にしました。
私は、いつでもどこでも、至って普通に振舞って来たつもりでしたが、やっぱり、この職業への周りの方の見方って違うんですね
この機会を通じて、少しでも、弁護士というものを身近に感じて貰えるようになったら、幸い
もちろん、番組の中での私に求められる役割もあるはずで、それはちゃんと果たさないといけません

急に不思議な縁で頂いたお話でしたが、良い流れで出会った人や、めぐり会った機会というのは、きっと意味があるものだと思っています
色んな事情もあり、少し躊躇したこともありましたが、今では、お声を掛けて下さった方々との出会いに心から感謝
5月は予定とぶつかっちゃったんで、次は6月に!
みんな、今日感テレビ見てね~


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

自給自足の法律事務所

法律事務所って、お客さまなどからの頂き物が多いんです
お菓子類は、午後のおやつに有難く頂いています。
脳のエネルギー源はブドウ糖だけだそうで、一応、これでも知的作業を業としてますんで(ふふっ)、甘いものは必需品なんです
と言い訳して自分を甘やかしながら、お菓子が無いと夕方まで乗り切れない身体になってしまいましたぁ
在庫が減ると、もっと働かなきゃ!と富永さんと自分に発破をかけていたりします。

そして、食べ物は、事務所の皆で、ランチの時などに頂いたりします
↓これは、粕漬けを頂いた時
画像

白いご飯にぴったりで、とっても美味しかったのですが、臭いが残り、午後のお客様には気付かれたかも・・・

↓これは、ハム・ソーセージ類を使ってホットドッグランチの時
画像


こんな時、いつも事務員さんに、自宅からホットプレートを持って来て貰うのですが、「毎回持って来るのも大変だろうなぁ」と、ある日気付きました
そこで、事務所用に、ホットプレートを購入
(ここに書いていたら、税務署も、きっと経費と認めてくれるはず!)
届いたホットプレートに、おまけで「たこ焼きプレート」がついていたのを、私は見逃しませんでした
って言う訳で、皆で、たこ焼きパーティ
画像

役に立たない酒飲みがウロチョロ↑(勿論、私も、食べるだけの人+カメラマン)

と言う訳で、我が事務所、自給自足を目指してます 
な~んて

・・・個人的には“楽しい職場環境作り ”を目指しているつもりですが、
ふと、「もしかしたら、事務員さんたちにとっては、かなり負担なのかも…」という気がしないでもなく…
いやいや、きっと、気のせいよ~


by miyazaki


★弁護士ブログランキングに参加しています。↓をクリックして応援して下さい!
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ありがとうございました!

“努力”

4月になりましたね

福岡県弁護士会の新執行部として、毎年恒例の挨拶回りが本格的にスタートします。
挨拶回りの相手先、なんと160ヶ所以上
公益法人たる弁護士会の活動範囲の広さが、この数字からだけでも伺えるでしょ?
新執行部の最初の関門だったりして

弁護士は、弁護士法に基づき、基本的人権の擁護社会正義の実現を使命としていますが、
弁護士会は、その弁護士の使命及び職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るため、弁護士の指導、連絡及び監督に関する事務を行うことを目的としています。

福岡県弁護士会 は、
多重債務交通事故に関して、無料相談を実施していたり、
夜間土曜日にも法律相談を実施していたり、
中小企業経営者向けに無料相談を実施していたり、
④外出が難しい高齢者障害者向けには、週に1度、電話無料相談を実施していたり、
⑤「これから」の小学、中学、高校生向けには、弁護士をゲストティーチャーに派遣して社会のルールなどを学んで貰ったりする「出前授業」を実施していたり(先着80クラスにつき、無料キャンペーン中)、
などなど、他にも色んな活動をしていますが、
なかなか知られていないので、この160近い挨拶回り先で、ひとつずつ説明して、アピールしていくんです(こつこつと
(※委員会活動は、基本的に、皆さん、無償で行っているんですよ!)

手帳を見る限り、この4月は、人生で一番多忙な時期かも
・・・しかも、本業ではなく

努力したからと言って、必ず何かを得られる訳ではないけど、
努力しなければ、決して何も得られるものはないね


頑張ろっと


by miyazaki


歳を取ったと気付く時・・・。

最近、新しいことが増えて行き、ついて行くので精いっぱい
そんなこんなで、1ヶ月ほど前にひいた風邪がなかなか治らなず、最近になりぶり返したり、、、(体力の衰え?)、
午後に時間が空いたから、病院に行き、貰った薬を早速飲んだら、2回分を一気に飲んだのに気付いたり、、、(ん?数が合わない・・・
その日は、そのまま、夕方から福岡で会議だったんで、地下鉄に乗り込んだら、私の意に反して、乗った列車が反対方向に動き出したり、、、(あ~れ~
自分が歳を取ったと実感する日々を送っています

そして、翌日は、名古屋で仕事があったのですが、
泊ったホテルの裏に、犬山城(別名「白帝城」)っていう美しいお城があったんです。
画像

ホテルの正に真裏に見えるから、寄ってみない訳にはいかないでしょ?
清々しい天気だったので、朝食を終えたその足で行ってみました

・・・それが、行きながら気付いたんですが、確かに近いんだけど、高いんです
短い距離で高いところに行くってことは、、、、急なんです、坂も、階段も
私は仕事で行ってたから、スーツ用に高めのパンプスで・・・
こんなお城を建てる昔の方の技術には頭が下がりましたが、なぜ、もう少し階段を低く作ってくれなかったのかと、、、恨みがましく思う気持ちが芽生えたり・・・。
登って来たからには下りが残る訳だけど、降りる前の段階で、早くも足がブルブル・・・。
清々しい気分で出かけ、ヨレヨレになりながら、ホテルに辿り着きました

帰り、セントレア空港に着くや否や、お土産探すより、お昼を取るより、何より先に
インフォメーションのお姉さんに、「マッサージはどこにありますか?」
と尋ねる自分の姿がありました

・・・お土産が「赤福」になったのは、探す時間が無くなったからで・・・


・・・負けるな、私


by miyazaki

福岡県弁護士会 副会長になります♪

知っている方は知っていることですが、“諸事情”により、
私、平成24年4月1日から、福岡県弁護士会の副会長 を務めます。

私が弁護士登録した平成12年当時、福岡県弁護士会の会員弁護士数は、約580名。それが、今では後数名で1000名に達しようとしています。
余りに急激に増え過ぎて、今では、名前も分からない若い弁護士が沢山・・・ (きっと、向こうも私を知らないんだろうけど!)
しかも、歳を取ったせいか、若い方がみんな、同じように見えるんです・・・。
名前を覚える以前に、識別するのも困難で・・・

ところで、福岡県弁護士会は、当番弁護士制度、当番付添人制度、精神保健110番など全国に先駆け実施するなど、先進的な活動をしてきた実績ある会です。知ってました?
そして、現在、80近い委員会が、それぞれの分野で積極的に活動しています。この沢山の委員会や1000人になる会員を取りまとめるのが、1名の会長、5名の副会長、2名の事務局長で構成する執行部な訳ですから、その業務量と言ったら・・・
スタートする前から、軽いめまいを覚えるほどです  (な~んて!)
ですが、チームとなる執行部の面々と言ったら、皆、すごく頭が切れて、素敵なんです 本当に、人には恵まれたと感謝
仕事が出来る人たち同士の会話って、こんなに格好いいものか、と惚れ惚れ しながら、会議に参加したりしてます(←本人たちには内緒)

さて、新執行部として参加する行事も徐々に増えつつあり、先日は、ソウル地方弁護士会の方々が福岡県弁護士会を訪問されたのでお迎えを!主に刑事弁護に関しての意見交流でした。(↓気持ちばかりの“博多通りもん”)
画像

韓国語はチンプンカンプンでしたが、後日、ソウル弁護士会の方から「日本の当番弁護士制度に関するお話はとても有益であり、大変勉強になりました」と丁寧なメールまで頂戴したので、きっとお役に立てたんだ!と、ひと安心
秋には、福岡からプサン地方弁護士会を訪問する予定。
弁護士会って、こんな国際交流もあるんですね
と、ちょっと驚きの経験でした。

とにかく、一年間、頑張りますね

by miyazaki

旅の収穫

先日から、秋の京都まで、自分の為の慰安旅行に行って来ました
お宿は半年前から押さえていたのに、今年は、紅葉がついて来てくれず・・・
ただ、「まだ、青い」と言うより、「赤茶」っぽくて、今年は、このまま赤く成り切れずに散って行ってしまいそうな・・・そんな感じでした。
けれど、美しいところは、かなり美しい
圧巻は、定番の“東福寺”↓
画像

ですが、人の多さも並みではなく・・・。福岡の人間の感覚で言えば、お正月の太宰府さんみたいな人出って感じですかね。
けど、タクシーの運転手さん曰く、「まだまだ一番多い時の5分の1位の感覚」なんですって!恐るべし京都

そして、すごく好きだったのが、南禅寺横の“天授庵
人が少なくって、お寺の縁側で日向ぼっこする感覚で、ちょうどこの光景を眺めながら、しばらくボッーと過ごしていました。
画像


これも同じく、天授庵のお庭
「よしっ!」と気合を入れる感じ(?)です。
画像


旅行と言うのは不思議なもので、
日々の生活で溜まっていくストレスや、抱いてしまう嫌な感情を、スッ―と取り除いてくれる感じがありますよね
世の中で「リフレッシュ休暇」と呼ばれたりするのも、そんなことからかも。
だけど、よく考えてみれば、自分がいる場所がいつもと違うだけで、客観的な環境や条件って何も変わっていない。
「結局、全ては、自分の心の持ち方次第なんだなぁ」と思いながら眠りについた旅の初日でした。

翌日、立ち寄った曼珠院で売っていたカレンダーに、素敵な言葉を発見
画像


「幸福と言うものがあるのではない 幸福と思う心が幸福なのです」
荒了寛さんと言うお坊さんのカレンダーでした。
すごく心にぴったりと来て、じ~んとしてしまい、3本も大人買い

買ってから気付きましたが、、、これ、幅70センチほどあるカレンダーなんです
買ったのは2日日、旅行は3日間。。。
宅急便で送る訳にも行かず、その日から、幅70センチほどのカレンダー3本の筒を、満員電車のような紅葉見学の人ごみの中、まるで国宝級の巻物かのように、大事に大事に持ち歩くことになりました。
それでも素敵なものに出会えて御機嫌

美しい紅葉に勝るほどの旅の収穫となりました

もひとつ、おまけに!
画像

良い言葉でしょー (同じく荒了寛さんです)
頑張れ、私! 頑張れ、みんな!


by miyazaki

幸せ者♪

諸事情により、しばらくブログをお休みしておりましたので、事務所の近況報告をしておりませんでした
実は、ちょうど1か月前の10月1日、富永さんが、弁護士10周年を迎えておりました

今年は、昨年の私の10周年の時から更にパワーアップして、事務員さん達の手作りのくす玉で・・・・、おめでと~~う
画像

富永さんはもちろんのこと、私にも、このくす玉はサプライズでした
中に入っていたのは、可愛い鯛たち!(多分、鯛だと思う…
画像

事務員さん達に聞くと、ネットで見つけた画像を切り抜いたんですって。
鯛を切り抜きながら、くす玉を手作りしてる姿を想像すると、
本当に、私たちって幸せ者だなぁと思ったりした訳です
だって、日本中探したって、事務員にくす玉を手作りして貰える弁護士って、
そうそう居ないはずです!(断言)

最近、修習生時代の友達から久しぶりに連絡があって、事務所のホームページとブログを見たそうで、「楽しそうな事務所ですね。宮崎さんの創業精神(?)に溢れている感じで、好印象です。」って言ってくれたのが、すごく嬉しかったのですが、けど、私の一方的な片思いじゃ、楽しい事務所って作れないですもんね。
やっぱり、幸せ者です♪
ほら、くす玉を引く富永さんの嬉しそうな顔ったら!

画像


今のメンバーでの事務所になって、もうすぐ4年になりますが、
こんな風に、“気持ちの良い”事務所をいつまでも続けて行きたいものです

Team Seisui ”は、チームワークで仕事効率150%アップ


by miyazaki

母校・明善高校で講演して来ました!

先週の金曜日、私の母校・明善高等学校で開かれた高校1年生対象の「職業観育成講座」で講演して来ました
締め切りに追われ話す内容を悩んでいた時、何気にネットで「明善」を検索すると、同校のWikipediaを発見!
見ると、その中の「著名な出身者」の「法曹」分野11名の中に、私の名前があるのです。えっ!
明善出身の弁護士なんて、100名は優に超えるはず…。しかも、その11名の中で、私は極めてぺーぺー・・・。
一体、誰が載せたのか???と思うと、ちょっと、びっくり・・・
更に、びっくりしたのは、自分の名前をクリックすると、Wikipediaで「『宮崎智美』を編集中」と出るのです(キャー
「投稿する前に以下を確認してください」云々とあるが、、、、おいおい、まずは、私に確認してよ と、心の底から思う。。。

さてさて、本題に戻ると、私に依頼された方曰く、「どうして司法試験を受験して弁護士になったのか」「(文系では私の出身大学の九大法学部を目指す生徒が多いので)大学生活の話も交えて欲しい」と言った話でした。
要するに、「大学時代から熱心に勉強して、司法試験を勝ち抜いた」みたいなのが期待されるストーリーなのだろうけど、前のブログ(→「女子力」)にも書いたように、大学時代は遊び呆けていて、司法試験を決意したのは、就職活動での屈辱的な扱いを受けた反動・・・。その意味では、私は決して期待に添えるお話は出来ないけれど、格好付けても仕方ないので、ありのままを話そうと決めてました。
その中から、何かを汲み取ってくれたらいい。

遊び呆けていた大学時代を除いて、司法試験だけを言えば、本当に勉強した。
私は受験を始めたのが人より遅かったせいで、余計な苦労もした。本来なら大学を卒業し仕事をするべき年齢で勉強している後ろめたさ、合格しなかったらどうなるだろうという先の見えない不安、社会から取り残されて行く疎外感、そんなものに押しつぶされそうだった。だけど、自分の弱さとは戦った。そして、幸い合格し、今の私に至る訳で、、、、
後から振り返ってみるならば、やはり、人生は、自分の全てを投入し、息を止めて頑張れる2,3年があるかどうか、それを実行できるかどうかで、変わると思う。
「もっと早くに(大学生の頃)、司法試験の受験を思い立っていれば」と思ったこともあるけれど、後になって、そんなことを考えても仕方がない。ひとつの経験(私の場合、就職活動での屈辱的な思い)があったからこそ、次の経験(司法試験の受験と合格)に繋がったはずだと思うからだ。
(ジョブズ氏の言葉で言えば、connectting the dotsだね)
ただ、自分の経験から得た思いを、先輩として、これからの未来のある人に伝えるなら、やはり、それぞれの人なりの道や目標を、出来るだけ早いうちに見つけ、自分の全てをかけて集中する2,3年を作って欲しい。それは、若ければ若いほど、圧力が無い。私は遅くに始めた分、きつかった。
道や目標を定めないならば、何も始まらないし、成し得ることは何もない。努力する対象も存在しない。自分の道を見つけ、その為に集中する力、それが人生を作るのだと信じている。

…っていうのが一番伝えたかった話で、色々交えて1時間近く、珍しく熱く語った訳ですが、聞いてくれる高校生の目ったら、キラキラしてすごく可愛いのです 私の方が感動して、パワーを貰って帰って来ました
 
直ぐに、友達に「今日、卒業した高校に講演に行ったんだけど、高校生って可愛いのっ!」と、興奮しながら伝えると、「男子校でしたっけ?」と返答が・・・
どーして私が卒業した高校が、男子校なのよっ


by miyazaki

祝う気持ち♪

私が自分で事務所を開いたのが平成16年10月。最初は私と事務員さんだけの小さい事務所だったけど、その頃から、弁護士、事務員の誕生日には、必ずお祝いをします
それは、富永さんと一緒に事務所を始め、今の体制になってからも同じ。
イソ弁時代と違って、自分で自分の職場環境を作れる訳だから、仕事場は楽しいものにしたくって。
祝う気持ちが大事でしょ
なぜなら、ただでさえ、この職場はストレスを背負いやすい。。。
それは、弁護士もだけど、(弁護士に言えないことを)事務員に酷くあたる相手方とかもいたりする
だから、せめて、職場での人間関係だけは良好にしておきたいですよね
他の事務所に比べると、皆、かなりハードに働いてくれているし!(…働かせている??
という訳で、祝う気持ちのバースディケーキ 
写真が残っているだけでも、こんなに沢山。

画像

↑これは、最初の頃。私のマスコットキャラクターが亀なので、事務員さんたちが“銀のすぷーん”さんで作って貰いました!
画像

↑鳥栖の“Ange CoCo”
画像

↑これも亀に合わせて、事務員さん達が“銀のすぷーん”さんで特注!
画像

↑福岡の“パティスリー ジャック”
画像

↑創世の中の“ペリーノ”
画像

↑鳥栖の“スイートショップ TAKA”
画像

↑“銀のすぷーん”で。富永さんの私生活を反映して、“赤ふん”にお酒を持たせてみたりして…。
画像

↑これも“TAKA”
画像

↑お取り寄せ人気NO1というマロンタルトと取り寄せてみたこともあったなぁ。
画像

↑鳥栖の“Ange CoCo”
画像



こうやって見ると、結構、圧巻ですね
ちなみに、我が事務所、就業規則上、常に「ろうそくは3本!」と決まっております。永遠に…。

次は、どんなのを作ろう…


by miya

“教え子”

司法試験に合格すると、現在では1年間の司法修習に入り、裁判所、検察庁、弁護士事務所で実務修習を行います。
私が、初めて司法修習生の指導担当になったのが2年前。
指導担当とは言っても、彼女が素敵だったせいか、半分近く、富永さんが担当してくれました!
まぁ、二人で指導した最初の修習生、言わば初めての“教え子”です
今日は、久しぶりに、事務所の皆と一緒に、彼女を呼んで、近くに出来た「徳米」というお寿司屋さんに行ってきました。

画像

         (ちょっと、蝶々が多すぎ???

彼女も弁護士になって既に2年目。
立派な弁護士になり、活躍している様子に、感慨深いものがありました
嬉しいっ

我が事務所初の司法修習生だと言うこともあり、私たちもドキドキでしたが、
私たちが求めるものをきちんと返してくれる彼女でした。
“可愛がられる”と言うことは、決して受け身ではできません。
能動的に努力する姿勢にこそ、周りは、色んな事を教えたい、してあげたい、
と感じるのだと思いました。

そして、今でも、可愛がられる彼女です。
私たちの事務所に来てくれて、ありがとう。


by miya


弁護士ブログランキングに参加しています。クリックして応援して頂けたら幸いです♪クリック→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

決して倒れないひと

土曜日、仕事で事務所に出て行ったら、随分前に終わった事件の依頼者から、郵便が届いていました。
中には、「京都で可愛い独楽を見つけました」という手書きの手紙と一緒に、九条ねぎの独楽が。

なんだか、嬉しい

画像


重ねた資料が50センチを優に超す大変な事件だったけど、
ぐるぐると、回っても回されても、決して倒れない人でした。

この独楽に似てる。

普通ならとっくに弱音を吐く状況で、決して倒れず凛としている。
それに、どれだけのパワーが要ったかを、私は知っている。

やっぱり、かなり、嬉しい



by miya



弁護士ブログランキングに参加しています。クリックして応援して頂けたら幸いです♪クリック→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

事務所名“青翠”の本当の由来

良く、「なんで青翠法律事務所っていう名前にしたの?」と尋ねられます。
なぜって、それは、ちょうど7年前の今頃の話。。。

当時勤務していた事務所のボスに、独立を告げたのがちょうど7年前の4月。
それから、10月の開業に向かって、「事務所の名称をどうしようか」と考え始めました。
当時、自分の苗字を事務所名に使われる方が多かったのですが、私の苗字は県名なので、「宮崎法律事務所」では、まるで宮崎県にある事務所と思われかねない・・・。
だから、新しく名前を考える必要がありました。

当時、私、日本中を駆け巡るゴルファーでしたんで (←冗談よ)
ちょうど、7年前の5月、そう、まさに今の季節も、広島の友人の車に乗せて貰いながら、米子にゴルフしに向かっていました。
広島から米子に向かうには中国山地を横切る必要があったのですが、この時に見た、山のの美しかったこと
希望の光がキラキラと差し込むようで、一瞬で、
「このキラキラする、青々とした緑を事務所の名前に使おう!」
と心に決めたのでした
(その理由は、事務所のHPに書いていますから、HPの「事務所紹介」を見てね。)

そして悩み抜いた末、私の中では98%、“若葉法律事務所”と決めていました。
開業が近付いたある日、とある同業者の会合で、「事務所名はどうするの?」と聞かれたので、「若葉法律事務所!」と胸を張って答えました。
すると、一人の方に「いつまでも、若くないんだから…」とボソッと言われ・・・。
えっ…
周りの方が、庇ってくれるかと思いきや、一人がそう言うと、周りにいたおじさん方も、「そうだ。」「そうだ。」と次々に賛同し始め・・・。
そんなっ…

こうして、私の“若葉法律事務所”の夢は、はかなく潰えて行ったのでした

その後、ネットで「青々とした緑」と調べると、“青翠”という名がヒット
清々しくって素敵でしょ?
…そして、現在に至る訳です。

だけど、あれから7年。
確かに、今、私が、「若葉法律事務所ですっ」などと言っていたら、確かにちょっと痛々しい…

という訳で、人の意見をちゃんと聞く素直な私で良かった
と心から思う今日この頃でした。


by miya


弁護士ブログランキングに参加しています。クリックして応援して頂けたら幸いです♪クリック→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村